脊髄損傷
脊髄損傷は、主として脊柱に強い外力が加えられることにより脊椎を損壊し、脊髄に損傷をうける病態です。損傷の度合いにより、「完全型」と「不完全型」に分かれます。「完全型」は脊髄が横断的に離断し、神経伝達機能が完全に絶たれた状態で、「不完全型」の場合は脊髄の一部が損傷、圧迫などを受け、一部機能が残存するものを指します。 脊髄損傷が生じた場合の後遺障害等級は、①麻痺の範囲、②麻痺の程度、③生命維持に必要な身のまわり処理の動作についての介護の有無および程度により、認定されます。
麻痺と障害等級認定基準
等級麻痺の範囲および程度
四肢麻痺対麻痺単麻痺
第1級高度高度 
中等度(要常時介護状態)中等度(要常時介護状態)
第2級中等度中等度(要随時介護状態) 
軽度(要随時介護状態)
第3級軽度(非介護状態)中等度(非介護状態) 
第5級 軽度片方の足が高度
第7級 片方の足が中等度
第9級片方の足が軽度
第12級軽微な麻痺等:運動性、支持性、巧緻性、速度についての支障がほとんど認められない程度の軽微な麻痺を残す状態。運動障害は認められないものの、広範囲にわたる感覚障害が認められるもの。
麻痺の程度に関する区分
区分麻痺の程度
高度障害のある腕(手)または足の運動能力、基本動作ができない状態 完全強直又はこれに近い状態 歩行や立体、物を持ち上げることが出来ない状態 腕の関節及び手指のいずれの関節も自動運動で可動させることが出来ない状態 足の関節いずれも自動運動で可動させることが出来ない状態
中等度障害のある腕(手)または足の運動能力が相当程度失われ、基本動作にかなりの制限がある状態 軽量のもの(500グラム程度)を持ち上げることができないまたは文字を書くことが出来ない状態 杖もしくは硬性装具なしには歩行が困難である状態
軽度障害のある腕(手)または足の運動能力多少損なわれ、細かい動きや速度に支障がある状態 文字を書くことに困難を伴う状態 杖もしくは硬性装具なしには階段を上ることができない状態

  むちうち

醜状障害  

日本全国ご相談に応じます。お気軽にご相談ください。

自賠責保険について
後遺障害について
ご相談について
北海道行政書士会
日本行政書士連合会