むちうち
頚椎捻挫、頸部挫傷、外傷性頸部症候群、外傷性頸部捻挫、バレ・リュー症候群など、 いわゆるむち打ち損傷の後遺症がここに含まれます。末梢神経障害に関する等級の認定は、 原則として損傷を受けた神経の支配する身体各部の器官における機能障害に関する等級により認定するとされています。 むちうちは、一般的に以下のタイプに分類されます。
頸椎捻挫型
頚椎の骨と骨の間にある関節包や骨の周囲にある靭帯などが損傷されたもので、むち打ちの7割以上を占めるといわれています。頚部(首)を動かした時の痛み・首が動きにくく運動制限される・首や背中がこる・頭痛・めまいなどの症状があります。
バレー・リュー症候群型
後頸部交感神経の刺激症状として、内耳や目や顔や心臓の痛み・のどのつまり感など様々な症状が現れます。耳鼻科・眼科・内科などの客観的な所見は乏しく、自覚症状が主となります。
神経根症状型
脊髄の運動神経と知覚神経が集まっているところを神経根といいます。神経根が、追突などの外力により引き伸ばされ、圧迫や損傷を受けた場合、各神経根がコントロールしている部位に知覚障害・しびれ・麻痺・筋力の低下・反射の異常などが発症します。神経学的検査によって、他覚的所見が認められます。
低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)
脳脊髄を満たしている脳脊髄液が追突などの外力によりもれる状態です。 脳脊髄液が減少することで頚部痛や頭痛・吐き気・めまいや倦怠感・視力障害・思考力や記憶力低下など様々な症状が現れます。
むちうちの検査方法
追突などの交通事故にあって病院に行くと、一般的にレントゲン(XP検査)を撮って、頸椎の骨折・脱臼、椎間板や筋肉、じん帯が損傷していないかどうかを調べます。 レントゲンというのは主に骨折や骨の器質的変化などがないかを確認するためものもので、血管や神経や椎間板などの微妙な部分や軟部組織や写りません。 むち打ちの場合に原因となるのは主に椎間板などの軟骨になりますので、 レントゲンよりもMRI(磁気共鳴画像法)で確認する必要があります。 MRIは血管や神経・椎間板等の軟部組織の描写にすぐれていて、任意の断層面を撮像でき横断面のみならず、矢状面・冠状面でもみることができます。 そのためMRI検査では、脊髄・神経根の圧迫や椎間板ヘルニアの状態を確認できます。 これらの画像検査に加えて、腱反射や知覚検査、徒手筋力テスト、病的反射検査などの神経学的検査を行います。これらの検査で、症状の原因を確認し、損傷している神経根や脊髄をチェックします。
神経学的検査
 腱反射テスト
通常、人の膝の下をゴム製の打腱ハンマーでたたくと、通常は膝が跳ね上がります。反射が低下あるいは消失している場合は末梢神経か神経根に損傷や圧迫があることで、その部位から中枢神経への信号が途切れています。逆に反射が強い場合は、病的反射となり、中枢神経に何らかの異常があることになります。 反射の強さは個人差があるので、この検査は通常左右を調べて判断します。例えば、左に比べて右の腱反射が明らかに鈍い場合は、その腱に対応する右側の末梢神経か神経根に何らかの異常があることを示唆する結果となります。 また、この検査は検査を受ける人が意図して操作できないため、後遺障害を判断するための検査として重要視され、亢進・軽度亢進・正常・低下・消失と評価されます
 スパーリングテスト
頚部の神経障害を調べる検査です。頭を斜め後方へ押しつけると、神経根に障害がある場合は、その神経根の支配領域がある上肢に痛みや痺れ感が生じます。痛みや痺れ感の生じた部位によって何番目の神経根に異常があるのか予測できます。検査結果は痺れ感が有=+ 痺れ感が無=-となります。
 ジャクソンテスト
スパーリングテスト同様に神経根障害の有無を調べる検査です。頭を後屈させて、押しつけて調べます。
電気生理学的検査
 筋電図
筋電図検査は、筋の収縮に伴って発生する電位を測定・記録する検査法です。体を動かしたり、力を入れたりすると筋肉の細胞から微弱な電気が生じ、この電気をとらえて記録する検査で、異常が筋肉にあるのか神経にあるのか特定できます。 痺れ・力が入らない・筋力低下などがある場合に、手や足の末梢神経障害が科学的に判明します。
 神経伝達速度検査
同一神経の2点に電気刺激を加え、その反応電位の波形の時間的ズレから、神経の伝導に途切れや異常がないかを確認します。神経に異常があれば、伝導速度の遅延が起こります。
 知覚検査
知覚検査は、筆や針などを使って、触覚、痛覚、温度覚、位置覚、振動覚、二点識別覚などを調べる検査です。神経の障害部位や範囲と知覚異常の領域には密接な関係があるので、知覚障害の分布を調べることによって、神経の障害部位を探り出すのが知覚検査目的です。過敏・正常・鈍麻・消失で評価します。
 皮膚温検査
末梢神経の障害では、その障害が末梢の血流に影響を与え、皮膚温の低下を起こす場合があります。皮膚温の状態を調べる方法として、サーモグラフィーなどがあります。
むちうちの後遺障害等級
治療を繰り返しても、症状がこれ以上改善されないと医師が判断すれば、症状固定になります。症状固定後は、医師が後遺障害診断書を作成して、後遺障害等級の認定を申請しますがむち打ちの場合は、現在存在する症状が、事故で受けた衝撃を原因として発生しているという説明が可能でなければなりません。 そのため被害者が、実際に長期間、上記の症状に悩まされていたとしても自覚症状だけでは「非該当」とされることが多いのです。 頭痛や痺れ・痛みなどの神経症状があるにもかかわらず、XP・CT・MRIなどの画像所見が無い事のみで非該当とされた場合には、異議申立てを検討しましょう。 頸椎や腰椎の外傷性ヘルニアで痺れ等の神経症状がある場合、XPで確認できないけれど、MRIでは確認できる場合もあります。
 12等級
医学的な他覚的所見がある(レントゲンやCT・MRIなどの画像診断や脳波検査などで裏付けがとれる場合)
 14等級
他覚的所見はないけれど、後遺障害があることが医学的に説明可能=神経系統の障害が医学的に推定可能
 非該当
後遺障害は認められない。事故と因果関係がない場合・事故に対して医学的に推定することが困難な場合になります。
14等級認定のポイント
14等級の認定ポイントは、「受傷時の診断傷病名とその後残存する自覚症状の整合性が説明できること」です。14等級は医学的他覚所見や受傷態様及び治療の継続性等を勘案して総合的に認定されます。受傷状況および残存する症状の具体的内容と程度の整合性・残存する症状の自覚症状と検査所見の整合性の確認がポイントになります。
14級9号局部に神経症状を残すもの。
目立った他覚的所見が認められないが、神経系統の障害が医学的に推定されるもの。
外傷性の画像所見は得られないが、自覚症状を説明する神経学的所見が認められるもの。
12級13号局部に頑固な神経症状を残すもの。
他覚的検査により神経系統の障害が証明されるもの。
自覚症状に一致する外傷性の画像所見と神経学的所見の両方が認められるもの。

  後遺障害の症例一覧

脊髄損傷  

日本全国ご相談に応じます。お気軽にご相談ください。

自賠責保険について
後遺障害について
ご相談について
北海道行政書士会
日本行政書士連合会