後遺症と後遺障害
後遺症とは、急性期症状が治ゆした後もなお残ってしまった機能障害や
神経症状などの症状や障害のことをいいます。

では後遺症と後遺障害、どう違うのでしょうか?
後遺障害と後遺症は一般的にはほぼ同じ意味で使われていますが、
後遺症と後遺障害には大きな違いがあります。
後遺障害の定義
後遺障害とは、下記の定義により成り立ちます。
 交通事故によって受傷した精神的・肉体的な傷害(ケガ)が、
 将来においても回復の見込めない状態(症状固定)となり、
 交通事故とその症状固定状態との間に
  相当の因果関係(確かな関連性・整合性)が認められ、
 その存在が医学的に認められる(証明できる、説明できる)もので、
 労働能力の喪失をそう失を伴うもので、
 その程度が自賠法施行令の等級に該当するもの。
〔交通事故により受傷し、一定の治療の末残ってしまった症状〕=〔後遺症〕のうち、
上記の要件を満たしたものを後遺障害として等級認定し、
傷害部分とは別に損害賠償請求の対象としています。

  政府の保障事業制度

傷害慰謝料と後遺障害慰謝料  

日本全国ご相談に応じます。お気軽にご相談ください。

自賠責保険について
後遺障害について
ご相談について
北海道行政書士会
日本行政書士連合会