後遺障害認定手続
後遺障害の認定とは
後遺障害の認定とは、後遺障害に応じて1級から14級までの等級があり、
当該後遺障害がどの等級に当たるかを認定することをいいます。

本来、自賠責保険においては、損害額を調査して保険金額を決定するのは、自賠責保険会社ですが、
損害額の認定が会社ごとに異なるようでは、被害者の公平な救済は実現できません。
そこで、「損害保険料率算出団体に関する法律」に基づいて設立された特殊法人である
損害保険料率算出機構の調査事務所が後遺障害等級認定等の損害調査を取り扱っています。

この後遺障害認定手続は、自賠責保険に対して、被害者からの被害者請求や賠償義務者からの
加害者請求がなされた場合のほか、「一括払い」の前提として、任意保険会社から
損害保険料率算出機構に対して任意保険金の支払の前にその認定を請求する(事前認定)場合があります。
後遺障害診断書がカギ
まず、担当医師に「後遺障害診断書」を作成してもらう必要があります。
適切な後遺障害認定を得るには、その後遺障害診断書の「内容」が重要となります。
後遺障害診断書は、通常の診断書とは異なり定型の書式がありますが、
特に重要なのは、「他覚症状および検査結果」の欄です。
この欄に、症状固定時に残った症状の裏づけとなる医学的所見を具体的に記入してもらう必要があります。

そのほか、診断書、診療報酬明細書、事故発生状況報告書、レントゲン写真やMRI,
CT等のフイルム等も提出する必要があります。
被害者請求による場合は、必要書類を、加害者が契約している自賠責保険の保険会社あてに提出します。
必要書類は
自賠責保険請求に必要な書類は以下になります(◎は必ず必要、○は必要に応じて必要な書類)。
必要書類 後遺障害 傷 害
保険金、損害賠償額等支払請求書
交通事故証明書
事故発生状況報告書
医師の診断書
診療報酬明細書
通院交通費明細書
付添看護自認書又は看護料領収書
休業損害証明書又は確定申告書(控)
請求者の印鑑証明書
委任状及び委任者の印鑑証明書
(第三者に委任する場合)
後遺障害診断書
レントゲン写真等
併合とは
同一事故によって後遺障害が2つ以上残った場合の等級の決め方を併合といます。
5級以上のものが複数あれば1番重い等級を3級繰り上げ、8級以上のものが複数のときは2級繰り上げ、
13級以上のものが複数あるときは1級繰り上げ、それ以下の等級はいくつあっても、
最高の等級を後遺障害等級とします。
後遺障害が二つ以上あるとき 原則として重い方の後遺障害等級とする
13級以上の後遺障害が二つ以上あるとき 重い方の等級を1級繰り上げる
8級以上の後遺障害が二つ以上あるとき 重い方の等級を2級繰り上げる
5級以上の後遺障害が二つ以上あるとき 重い方の等級を3級繰り上げる
14級の後遺障害が複数認められたとき 繰り上がりはなく14級
併合の結果、1級を超えるとき 1級が認定される

  症状固定について

異議申立手続  

日本全国ご相談に応じます。お気軽にご相談ください。

自賠責保険について
後遺障害について
ご相談について
北海道行政書士会
日本行政書士連合会