傷害慰謝料と後遺障害慰謝料
損害賠償の実務上、症状固定を境に傷害部分と後遺障害部分に分けて、
下図のようにそれぞれ別々の損害として費目を立てて請求することになります。
後遺障害部分の費目について
後遺障害部分の費目は次のようになります。
損害項目 内 容 支払基準 必要書類
逸失利益 身体に障害を残し、労働能力が減少したために将来発生するであろう収入減 収入及び各等級に応じた労働能力喪失率、喪失期間等により計算します。 後遺障害診断書
収入額を証できる資料前年分の、税務署の受付印のある確定証明書(控)、納税証明書、課税証明書など
慰謝料等 事故により精神的、肉体的な苦痛に対する補償等 ※下記の表参照
等級別の慰謝料一覧
等級 支払限度額 慰謝料 労働能力喪失率
介護1級 4000万円 1600万円 100%
介護2級 3000万円 1163万円 100%
第1級 3000万円 1100万円 100%
第2級 2590万円 958万円 100%
第3級 2219万円 829万円 100%
第4級 1889万円 712万円 92%
第5級 1574万円 599万円 79%
第6級 1296万円 498万円 67%
第7級 1051万円 409万円 56%
第8級 819万円 324万円 45%
第9級 616万円 245万円 35%
第10級 461万円 187万円 27%
第11級 331万円 135万円 20%
第12級 224万円 93万円 14%
第13級 139万円 57万円 9%
第14級 75万円 32万円 5%
自賠責保険においては、等級が認定された後遺障害のみが賠償の対象となり、
いくら症状が残っても、等級認定されない限り、原則賠償の対象とはなりません。

  後遺症と後遺障害

症状固定について  

日本全国ご相談に応じます。お気軽にご相談ください。

自賠責保険について
後遺障害について
ご相談について
北海道行政書士会
日本行政書士連合会