損害算定の3つの基準
自賠責保険基準、 任意保険基準、 裁判・弁護士基準 があります。
 自賠責保険基準は自賠責保険の支払基準です。
 任意保険基準は、任意保険会社の支払基準で、一般には公開されていません。
  軽微な事故等においては、裁判をせずに早期・確実に損害賠償金の支払を
  うけられるメリットがある反面、裁判基準と比較して低額となっています。
 裁判・弁護士基準は、過去の交通事故の裁判例を、財団法人日弁連交通事故
  相談センターが調査、分析して公表したものです。
  具体的には、財団法人日弁連交通事故相談センター本部が発行する
 「交通事故損害賠償額算定基準」(通称「青い本」)、
  又は財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部の発行する
  「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」(通称「赤い本」)が代表的で、
  裁判所もこの基準を参考にしています。
ここで公表されている基準はあくまで一応の目安であり、現実の訴訟における慰謝料等は、
事故状況等の事情により増減する可能性があります。

  弁護士費用等担保特約について

逸失利益の算定方法  

日本全国ご相談に応じます。お気軽にご相談ください。

自賠責保険について
後遺障害について
ご相談について
北海道行政書士会
日本行政書士連合会