自賠責保険とは
自賠責保険は強制保険
自賠責保険とは、正式には「自動車損害賠償責任保険」といい、自動車損害賠償保障法によって、
この保険契約が締結されていない自動車を運行の用に供してはならないものとされています。
違反に対しては、罰則規定があって1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられます。
このように、法律によって保険の加入を強制していることから一般に自賠責保険のことを
強制保険と呼んでいるのです。

なお、強制保険に加入しないで自動車の運転をすると、違反点数が6点で、
前歴がない場合でも30日の免許停止の処分を受けることがあります。
自賠責保険は人身事故のみ
自賠責保険は、自動車による人身事故の被害者を救済するため、加害者が被害者に支払う義務のある
損害賠償額のうち、「人身事故」に限り、かつ一定額を限度として保険金を支払うことを保障するもので、
いわゆる物損事故は保険の対象になってはいません。
死亡事故の場合 死亡による損害 3,000万円
死亡に至るまでの傷害による損害 120万円
傷害事故の場合 傷害による損害 120万円
後遺障害による損害 介護を要する後遺障害 4,000万円~3,000万円
その他の後遺障害 3,000万円~75万円

  トップページ

自賠責保険と任意保険  

日本全国ご相談に応じます。お気軽にご相談ください。

自賠責保険について
後遺障害について
ご相談について
北海道行政書士会
日本行政書士連合会