加害者請求と被害者請求
請求できる損害の範囲と支払限度額(傷害部分)
傷害事故の場合は、積極損害(治療に関する費用等)、
休業損害及び慰謝料が支払われます(支払限度額120万円)。
損害項目 内 容 支払基準 必要書類
治療費 診察料、入院費、
投薬料、手術料、
処置料、柔道整復等の
費用など
必要かつ妥当な実費 診断書、診療報酬明細書、柔道整復の場合には施術証明書
通院費等 通院、転院、入院又は
退院に要した交通費
必要かつ妥当な実費 通院交通費明細書、
タクシー利用が認められる場合はその領収書
看護料 入院中の看護料
(原則として12歳以下の子どもに近親者等が付き添った場合)

自宅看護料
(医師が看護の必要性を認めた場合又は12歳以下の子どもの通院等に近親者が付添った場合)
入院1日につき4,100円
自宅看護又は
通院1日につき2,050円

これ以上の収入減の立証がある場合は、近親者は19,000円

近親者以外は地域の家政婦料金を限度としてその実費
医師の要看護証明、
近親者の付き添いの場合は、付添看護自認書
看護士、家政婦からの
請求書、領収書
諸雑費 入院中の諸雑費 原則として
入院1日1100円
領収書(左記の金額を超える場合にのみ必要)
義肢等の費用 義肢、歯科補てつ、義眼、眼鏡、補聴器、松葉杖等の費用 必要かつ妥当な実費
眼鏡の費用は
50,000円が限度
領収書
診断書等の費用 診断書、診療報酬明細書等の発行手数料 必要かつ妥当な実費 診断書、診療報酬明細書、柔道整復の場合には施術証明書の原本
文書料 交通事故証明書、
被害者側の印鑑証明書、
住民票等の
必要かつ妥当な実費 それぞれの文書の原本、領収書

  加害者請求と被害者請求

免責規定と過失相殺  

日本全国ご相談に応じます。お気軽にご相談ください。

自賠責保険について
後遺障害について
ご相談について
北海道行政書士会
日本行政書士連合会