同じ症状でも、正確な等級認定を受けることで、賠償額にこれだけの違いがあります。
自賠責保険の被害者請求を活用して、適切な等級認定を取得することが大切です。
後遺障害等級「非該当」の場合
1. 治療費 455,000円
2. 入院雑費 68,430円
3. 通院費 52,500円
4. 休業損害 643,200円
5. 傷害慰謝料 720,000円
6. 後遺障害後逸失利益 0円
7. 後遺障害慰謝料 0円
合計 1,939,130円
後遺障害等級「14級獲得」の場合
1. 治療費 455,000円
2. 入院雑費 68,430円
3. 通院費 52,500円
4. 休業損害 643,200円
5. 傷害慰謝料 720,000円
6. 後遺障害後逸失利益 800,000円
7. 後遺障害慰謝料 1,100,000円
合計 3,839,130円
※上記はあくまでも試算例ですので、これを基に金額を保証するものではありません。
後遺障害の等級認定を申請したい方

保険会社の事前認定が出る前に、被害者請求を活用して適正な等級認定を得ましょう。
先手をうつことで、被害者側に有利な形で、交渉を進めることが可能になります。

後遺症の等級認定の結果に納得のいかない方

保険会社の事前認定がされ、その結果に納得がいかない場合は、
異議申立て手続を採ることができます。
新しい証拠(医証)等を提出して、
適正な後遺症障害の等級認定の認定を獲得しましょう。

保険会社の賠償提示額に納得が行かない方

被害者請求を積極的に活用することによって、裁判基準での後遺障害部分の慰謝料額を勝ち取る
ことも可能です。任意基準と裁判基準ではかなりの金額上の格差がでるケースもあります。

日本全国ご相談に応じます。お気軽にご相談ください。

北海道行政書士会
日本行政書士連合会